お知らせ

2019 / 10 / 29  22:47

プラネタリー・バウンダリー 〜地球一つ分の暮らしにシフトを〜

プラネタリー・バウンダリー 〜地球一つ分の暮らしにシフトを〜

昨今の台風被害には目を覆うものがある。各地に広がる浸水被害。暴風によってなぎ倒される電柱や木々。まるで木の葉のように吹き飛ばされる車。

90年代に、NHKスペシャルのCGで見た「未来予想図」がまさに今、目の前で起こっている。
あの時は半信半疑で見ていたのに。

猛烈な台風に森林火災、洪水、旱魃、豪雨、大雪。世界を見渡すと地球は壊れかけているのではないか、と思ってしまう。

 

先日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の基礎にもなった「プラネタリー・バウンダリー」、つまり地球の限界に関する概念を提唱したストックホルム・レジリエンス・センターのヨハン・ロックストローム所長の講演を聞く機会があった。

プラネタリー・バウンダリーの指標としては気候変動や化学物質汚染など九つの項目あるが、そのうちの四つ、「気候変動」「生物多様性」「土地利用の変化」「窒素・リンによる汚染」についてはすでに限界点を超えてしまっている、という。
「通りで最近の地球は......」と思ってしまうような研究結果だ。

picture_pc_fc519f0ef285c3e50923d89e0dcebaf9.jpg.png

限界点を超えると一体どうなるのか。

地球システムは暴走をはじめ、本来であれば地球の気候を安定させてくれるはずの機能が一転、気候を不安定にする要素に変化してしまう。

例えば本来であれば二酸化炭素を吸収する森林が火災により枯れると乾燥し、サバンナと化し、逆に温室効果ガスを排出しはじめたり、凍っていれば白く、太陽の熱を放出するはずの氷床が気温の上昇によって溶けて黒くなり、さらに溶けるという悪循環、フィードバック現象を起こす。

パリ協定では今世紀末までに気温上昇を1.5度に抑えることが合意された。それでも各国の腰は重い。
ストローム氏は、
「経済がどれぐらい耐えられるか、という話に終始しがちだが、これは技術、経済とは別の話。地球、この惑星を2度より低い温度に保たなければ安全ではなくなる、という話だ」と語気を強めた。

 

話を聞いているとお先真っ暗な話題につい気が滅入ってしまう。どうすればいいのか。
ストローム氏の提案は大きく二つ。炭素税の導入と脱炭素の期限を決めること、だった。

人類が大きく舵を切ることができるかどうか。まさに私たちにかかっている。
残された時間はあまりない。滅入ってる暇はないのだ。グレタさんが言うように行動しなくては。

 

※写真は講演会の様子。残念ながらストロームさんはご家族のご事情で来日できず。オンラインで登場。IT技術の恩恵を感じる機会となりました。