お知らせ

2020 / 07 / 10  22:24

いいね!TIGERステンレスボトル『4つの約束』紛争鉱物、フッ素問題にも言及

いいね!TIGERステンレスボトル『4つの約束』紛争鉱物、フッ素問題にも言及


水筒が大活躍する季節になりました。


水筒メーカーの一つ、タイガー魔法瓶株式会社がこの7月から、ステンレスボトルの新CMで「4つの約束」なるものを打ち出しているそうです(CMはページ下参照)。

その中身とは「NO・紛争鉱物」「NO・フッ素コート」「NO・丸投げ生産」「NO・プラスチックごみ」。「NO・プラスチックごみ」は製品自体がステンレスなのでそれはそうかな、と思いながらも、「紛争鉱物」「フッ素コート」の話題を打ち出している企業はなかなか珍しいなあと思いました。

紛争鉱物はエシカル消費の中でも一つの大事なポイントですが、これまでは家電など特にかかわりが深い企業以外、訴求している企業はあまり見られなかったように思います。プレスリリースをみると、紛争鉱物については「製品の製造に使用する材料や構成部品に含まれる鉱物資源が、社会的な影響を及ぼしていないかどうかサプライチェーンで確認を行い、懸念鉱物がある場合には、不使用に向けた取り組みを推進」、「15歳以下の労働者のいる企業に発注しません」と書かれていることから、社内で確認体制を整えたのでしょうね。

 

フッ素コートされている水筒やフライパン、鍋などは結構ありますが、日本では問題視されることは少なく、企業側からフッ素の問題が打ち出されているのはとても新鮮に感じました。プレスリリースをみるとフッ素を塗布しない代わりに「独自の研磨技術で内面の汚れやニオイを防ぐ」とあります。以前からフッ素を塗布していない水筒は販売されていましたが、今回こうして明確に打ち出していることには拍手を送りたいですね。

たった4つの約束、かもしれませんがきっと社内ではさまざまな攻防があったのではないかと想像します。どうやって実現にこぎつけたのか、お話をうかがってみたいものです。
⇨<新着情報>その後...ideas for goodにて取材させていただきました!みっちり取り組みの背景をまとめたのでぜひご一読ください(記事はこちら


水筒という馴染み深い商品を通じて、日本ではちょっとマイナーな問題への認知度が高まることに期待しています!



プレスリリースはこちら(リンク
CM動画は以下