お知らせ

2021/05/02

SDGsビギナーのためのスタートアッププログラム 開始

SDGsビギナーのためのスタートアッププログラム 開始のお知らせ

持続可能な開発目標、SDGs(Sustainable Development Goals)の達成年度2030年まであと10年を切りました。すでに、実現に向けて行動する「行動の10年」に入っています。

 

しかし、「SDGsに取り組みたいと思いつつも、着手できていない」「どこから手をつけたらいいのか分からない」という方もまだまだ多いのではないでしょうか?

そこで、SDGsビギナーの方のためのプログラムをつくりました。
このプログラムを通じて、ひとりでも、一組織でも多くの皆様がアクションを起こす機会になればこんなに嬉しいことはありません。

将来世代のために、最初の一歩を一緒に踏み出してみませんか?

 

(こんな方におすすめ)
・SDGsに取り組んでみたいけれどもどう取り組んだらいいのかわからない
・自社の取り組みがSDGsにどう関連するのかわからない

 

(得られるもの)
・SDGsとは何かが分かる
・SDGsと自社の事業の関連性を整理でき、行動を起こしていくための基礎固めができる

 

<プログラム内容> 以下の内容を一組織ごとに行います。クローズドですのでご安心ください。
セッション1 自社の事業を説明してみよう
御社の事業をご説明していだきます。特にSDGsに関連した内容がなくても全くかまいません。

セッション2 SDGsを知る
SDGsとは何か、まずは基本を押さえましょう。実際にどんな取り組みがあるのか事例も交えながらお伝えします。1on1なので「今さら聞けない質問」も安心してできます。分からないことはここですっきりしましょう。

セッション3,4 SDGsと事業の関連性を整理する(全2回)
セッション1,2をもとに、事業とSDGsの関連性を整理していきます。

 

本プログラムはここまでとなりますが、SDGsの取り組みの醍醐味はこの後。事業を通じていかにSDGsの実現をはかるか、という点にあります。さらに次のステージに踏み込んでチャレンジしたい方はプログラム終了後にご相談ください。

こじんまりしたセッションで安心感を大切にしながら、SDGsの実践に向けたしっかりとした土台を一緒につくります。2030年に向けて、SDGsを活用しながら事業の発展を見出していきましょう。

 

<スタッフ紹介>
・SWAVE サステナブルコミュニケーションプランナー 有川真理子
持続可能な消費に関する企業・自治体との協働事業コーディネートを多数経験。また環境NGO、オーガニック食品会社などでの20年以上にわたる広報経験を活かし、サステナビリティを高めるための広報支援を行っている。詳細はこちら

・SWAVE シニアアドバイザー  川本充
オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学大学院国際関係学修士、京都大学大学院博士課程単位取得退学。専門は、国際関係学及び地球環境学。20年以上にわたり地球環境ガバナンスやSDGs・ESG等についての研究・教育に従事。最近では、「SDGsとビジネス」に関する研究の一環として、良品計画との共同研究プロジェクト(2018年度-2019年度)等に取り組む。
message:いっしょに、SDGs達成に向けて取り組みましょう!    

 

【費用】
2021年6月までに最大2件(基本先着順。多い場合は選考)受け付けます。費用は事前振り込みとさせていただきます。

 スタート価格(6月までのお申込み) 60,000円(税別) 

 7月以降受付 100,000円(税別)(予定)

 

【申込み方法】
申し込みフォーム(こちら)より必要事項をご記入の上、お申し込みください。事前に質問がある方はお気軽にお問い合わせください(メールはこちら)。

 

(備考)
・1セッションは最大90分。基本、オンラインでのセッションとなりますので全国どこからでもご依頼可能です。(オフラインでの開催も可能ですが、その場合の会場費、スタッフの交通費実費、出張手数料(1回3,000円)をご負担ください。また、基本的に1時間程度でおうかがいできる場所(藤沢市内発着)とさせていただきます)
・実施期間は全体を通して基本3ヶ月程度を目安としてください。
・同業者の方のお申し込みはご遠慮ください。