お知らせ

2021/12/29

生物多様性戦略を展覧会で伝える

生物多様性戦略を展覧会で伝える
2021年最後のライティングはこちら。

 

世界的ラグジュアリーブランド、ケリング・グループの生物多様性戦略について、2021年11月26日(金)から28日(日)まで、東京・表参道ケリングビルにて行われた、展覧会「Fashion & Biodiversity:ケリングと共に考えるファッションと生物多様性」をご紹介しつつ、解説しました(リンク)。

 

企業の戦略紹介といえば、文字やグラフがいっぱいのパネルがずらりと並ぶイメージが浮かびますが、今回、ケリングが選んだ紹介方法は「展覧会」。アートを見るような感覚で、よく抽出された情報だけをインプットしていく感じがとても心地のいいイベントでした。

 

展覧会を通して一番感じたことは、ケリングが「服は生き物からできている=生き物および生き物が生きる地球が健全でなければケリングの存在はありえない」と真剣に捉え、取り組みをはじめている点です。包括的で専門性の高い戦略、目標、実行計画からもその本気度が伝わってきました。

 

ようやく、気候変動と同時に生物多様性への取り組みも求められる時代になってきました。日本のブランドから今後どんな生物多様性戦略が打ち出されるか。今後、楽しみにすると同時に、さまざまなステークホルダーにその戦略をどう共有していくのか、注目していきたいと思っています。

 

今年一年、多くの皆様にお世話になりました。
来年は、皆様にとっても地球にとってもさらによい年になりますように。どうぞ良いお年をお迎えください。