お知らせ

2019/05/15

良貨が悪貨を駆逐する?

1110264217-dollar-499481_1920_(1)-Dknq-1920x1280-MM-100.jpg

4月24日、ファストファッションの背景にある問題を明るみにした、バングラディッシュ、ラナ・プラザビルの崩壊事故。その後、継続的に、ファッションのあり方を見直す「ファッションレボリューションキャンペーン」が世界各国で開催されています。

今回、東京・渋谷で開催されたイベントに参加した内容がideas for goodに掲載されたのでご紹介されます。

 

<イベントレポート>サステナブルなファッションのあり方を考える、ファッションレボリューション2019(リンク:前編)(リンク:後編

 

イベントで特に印象的だったのは、「サステナビリティなしには地球の存続はもちろん、企業の存続はあり得ない」と口々に言う登壇者のみなさんでした。

「今後、サステナビリティに取り組まない企業は消えていくだろう」とも。

こんな話を聞きながら私が思い浮かべたのは「悪貨が良貨を駆逐する」ならぬ「良貨が悪貨を駆逐する」。

そんな時代が来ているのかもしれません。

ただ、それは喜ばしいことでもありますが、一方で社会環境の悪化の裏返しでもあります。

各ブランドの真摯な取り組みがうれしくもあり、ちょっと悲しくもあり。

さらなる取り組みの前進に注目していきたいと思います。

SWAVEではサステナビリティを踏まえたライティングなど広報サービスを提供しています(詳しくはこちら)。お気軽にお問い合わせください。

 

2019/05/07

執筆:「ビニールの代わりにバナナ?タイのスーパーが打ち出した、地域特有のプラスチック削減方法」

56608927_426063744816958_6423492047822389248_n.jpg

社会をもっとよくする世界のアイデアマガジン、ideas for goodに記事を書きましたー(記事はこちら)。
今回のテーマは脱ビニル。ベトナムやタイなどのスーパーが、昨今のプラスチック問題を解決する方法として、ビニルの代わりにバナナの葉で野菜を包装しはじめたそうです。

考えればその手があった!の世界ですよねー。
日本でも、竹や藁、木々の葉っぱを使って食べ物を包む伝統を活かして、似たようなことができるのではないかな、と思いました。何より、ビニルより見た目がいいと思いませんか。

それにしてもSNS時代。写真を投稿して一躍話題になった現地の不動産屋さんとはメッセンジャーでサクサクやりとりできました。SNSと英語が使えれば、世界はもっとつながることができる、のかもしれません。

写真:Perfect Homes Chiang Mai

SWAVEではサステナビリティを踏まえたライティングなど広報サービスを提供しています(詳しくはこちら)。お気軽にお問い合わせください。

 

1