お知らせ

2020/08/28

はるばるマダガスカルからアグロフォレストリバニラが届きました!

unnamed.jpg

 

何とも甘いいい香り。思わず何度もくんくんしてしまいます。

アグロフォレストリとは、農業を意味するアグリカルチャー(Agriculture)と林業を意味するフォレストリー(Forestry)を組み合わせた造語で、熱帯地方で森を守りながら作物も育て、現地の人が収入も得られる農法として注目されています。コーヒーやバナナ、胡椒やシナモン、そしてバニラ などさまざまな作物を在来の植物と混栽するので「ここが畑です」と言われても一見するだけではわからないほど生態系豊かな環境を保つことができます。

熱帯雨林は特に破壊のスピードが速く、たとえば地球上の酸素の2割を供給するアマゾンの森林は1分でサッカーコート1.5個分が消失していると言われるほど。森林を守りながら現地の方の暮らしも守ることができるアグロフォレスリ栽培は森林破壊を止めるための重要な解決策として注目されています。

このバニラを送ってくださったのは、以前、ideas for goodで取材させていただいたCo・En Corporationさん。マダガスカルのアグロフォレストリバニラを継続的に調達していくためにクラウドファンディングに挑戦されていたところ、少しだけ応援させていただいた返礼品としていただきました。

実は日本で流通するバニラの9割はマダガスカル産。そのほとんどは森の生態系を大切にするアグロフォレストリ栽培ではなく、また農家に対する買いたたきも深刻だといいます。こうした問題を解決しようと立ち上がったのがCo・En Corporationの武末克久さん。

マダガスカルから日本に届くまでの道中も随時発信されていたので、ポストで包みを発見したときは思わず声をあげてしまいました。

遠く離れた国であってもこうして心温まる関係を築けるのはなんともうれしいものですね!

森や生き物、人も大切にして育てられたバニラ。どうやっていただくか、悩ましいです。

 

Co・En Corporationのウェブサイトはこちら

ideas for goodの記事:マダガスカルとアマゾンの森のなかで共生する農業「アグロフォレストリー」がグッドな二つの理由

 

2020/08/07

夏休み自由研究! セルローススポンジを埋めてみた

夏休み自由研究! セルローススポンジを埋めてみた

ない! あったはずのスポンジがない、ない、ない!

夏休みといえば自由研究。最近、台所スポンジをセルロースのものに変えてみたのですが、パッケージに「廃棄すれば簡単に分解(腐敗)し土に還ります」と書かれているのでほんとかどうか、やってみることに。

 

プランターに埋めたのは7月21日。こんなかんじ(写真右)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1週間後の7月26日にもう一度掘り返してみると、まだ形がありました。スコップでつつくと少し柔らかいかな?という感じ。

115807046_2616349941916440_6998373195869323514_n.jpg

そして約3週間後の8月2日。掘り返してみると...ないっ!ないないない!やっと探してでてきたのがこちら。

unnamed.jpg

小さなかけらがみつかりましたがこれ以上はいくら掘り返しても何も見つかりませんでした。確かにパッケージにはと書かれているのですが正直半信半疑でした。ここまでなくなるとはびっくり。念のため、販売会社の株式会社スピカコーポレーションに電話をしてみると「そうですねー、はい、分解されてなくなります」とあっさり。

セルロースの原料は植物性パルプ。パルプ中のセルロースを化学処理したビスコースに気泡を加え、セルロースに戻したものがセルローススポンジ、だそうです※1。

ただ、植物性原料=土に還る、わけではありません。中には小さな粒子の状態になるだけで、生分解(biodegradable/バクテリアや細菌、微生物の働きによって、完全に分解されること)されないものもあります。この場合、粉々になるだけなので除去もできず、かえってややこしくなります。また、中には生分解に一定の時間を要したり、有害物質を残す場合もあります。植物性だからといって安易に使ったり、ましてや「植物だから分解されるんだろう」とポイ捨てしたりすることがないよう注意が必要です。


今回のように、跡形もなくなく、微生物によって分解され、有毒な残留物も出ないものは堆肥化可能(compostable)プラスチックと呼ばれます※2。ここでも注意点が一つ。堆肥化可能と書かれているからといって、今回のようにプランターに放ってすぐに土に還るというわけではありません。今回は夏で気温も高く、雨による湿気もほどほどにあったため、早かったように思いますが、気温が低い季節など条件によっては時間がかかります。

国際規格の多くは、樹脂の6割が180日で分解されるということを一つの基準にしているそうですが、これは温度を50度以上に保っている堆肥化施設を前提にした話。家庭の庭やプランター、畑とは事情が違います。また、最終処分場に行ってしまった場合は酸素不足により分解されない......という落ちも。

546743_s.jpg


バイオプラスチック、生分解性プラスチック、堆肥化可能プラスチックといった表示はよくよく説明書きを読んで、注意深く商品選び、廃棄処分をした方がよさそうです。

 

いずれにしても、やっぱり実際にやってみる、というのは大切ですね! セルロースは本当に土に還るんだ、ということがわかってすっきりしました。子どもと一緒に、いろんなものを埋めて「土に還るかどうか?」「何日ぐらいで土に還るか?」やってみるといい自由研究になりそう。今度は何を埋めてみようかなあ。

 

※1 富士ケミカル株式会社

※2 ASTEMインターナショナル、ISOの定義による

参考文献『プラスチックフリー生活』(NHK出版)シャンタル・プラモンドン・ジェイ・シンハ 服部雄一郎訳

 

 

 

 

 

1