コラム

2022/09/15

読まれるタイトルの付け方のコツ3

読まれるタイトルの付け方のコツ3

 「より多くの人に見てほしい、読んでほしい」。広報をする人なら誰もが思うことだと思います。

そのためのポイントはいろいろありますが、今回は特に、サステナビリティ関連の広報あるあるを例にあげながら、メールマガジンやプレスリリース、SNS投稿のタイトルをつける際に大切なポイントについてご紹介します。 

ポイントは3つ。

 

 1.   簡潔に

 2. 具体的に

 3. 正直に

 

 

1. 簡潔に。

これが難しい。特にサステナビリティに関する話題は、一言で簡単に言い切れないことが多いですよね。マルチステークホルダーでやっていると、あの組織の名前もこの組織の名前も前に出さなくては、となったり押さえるべきポイント、背景にあるストーリーがたくさんあって、あれもこれも伝えたくなってしまったり。その結果、タイトルがどんどん長くなっていった、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。たとえばこちら。

 令和4年度地域再エネ事業の持続性向上のための地域中核人材育成事業 基礎講座の開催について

 

長いですね......。環境省さんの実例を勝手ながら拝借しました。お役所関係のタイトルは特に長いことが多いですね。いや、でもみなさんの組織のイベントタイトル、ウェブページのタイトルも見直してみてください。私も舌を噛みそうになるぐらい長くなったタイトル、たくさんあります。プロジェクトのリーダーと「タイトルが長い!」「そうは言っても短くできない!」と議論した経験も多々あります。

でもやっぱり思い切って短くしましょう。例えばメールマガジンの場合、読者は読むか読まないかはタイトルで判断されます。長いタイトルは分かりづらく、開封すらされません。その間数秒。短い!と思われるかもしれませんが日々、メールボックスを開けた際のことを思い浮かべてみてください。確かに、と思う数字です。

短さと合わせて重要なのが、ユーザーが気になるキーワードが文字頭15から20文字以内に入っていることです。前述の例だと「令和4年度地域再エネ事業の持続」までが15文字。お世辞にも読みたくなるとは言えません。慣れないうちはその都度、数えたり、自分にメールを送ってタイトルがどう見えるか、試してみるのがおすすめです。

23063155.jpeg

 

2. 具体的に
簡潔性と合わせて大切なのが具体性です。たとえば、こんなタイトル見たことありませんか。

 日本の森を守っていくために
 人権デューディリジェンスをすすめます
 食品ロスの削減方法提案します

本文はしっかりと書かれているのにタイトルはあっさり。これも結構、サステナビリティ関連の広報あるあるです。サステナビリティ系だと特に、具体的な商品やサービス、活動ではなく、意義や価値を前面に出したいという方もおられるかもしれません。しかし、ウェブやメルマガ、SNSは「読まれない媒体」と言われるほどユーザーはせっかちです。漠然としたタイトルでスルーされてしまうと、せっかく本文に意義を書いていても読まれないことになってしまいます。意義や価値、目的があってこそ商品や取り組みがあるという感覚はとてもよくわかるのですが、その意義や価値を伝えるためにもここは一つ、テクニックを優先してみてはどうでしょうか。

具体性を出す際には、数や日時、ブランド名や事業名、商品名など読者が気になるキーワードを入れこみましょう。たとえばこんなかんじに。

 累計10000人が参加した日本の森づくりイベント 今年も10月19日にXXで開催  
 ビシネスと人権 実装に向けたコンサルティングサービス開始
 100の食品ロス削減方法! 新アプリ「XXX」リリース

具体的に、といっても「里山保全会 会報誌 vol.28」「XX会社5月号事業報告」のような定型化されたタイトルではワクワク感がありません。よほどみなさんの組織が好きな方ならともかく、中身がわからない場合は開封しない場合が大半です。ぜひ伝えようとしているコンテンツを読んで、読者ならどこが気になりそうか、ワクワクしそうか、そこをタイトルに入れてみてください。

ちなみに、「累計10000人...」のタイトルは長めですが、後半に具体的かつ、スマホなどで見た場合に切れてしまってもいいけれども、見えると役立つ内容を配置しています。

 24766736_s.jpeg

3.  正直に

あたかも、環境に配慮しているかのように見せかける表示をグリーンウォッシュと言います。最近ではSDGsウォッシュという言葉まで登場しています。簡潔に、具体的に、それでいて読者のウケを考えて、といっても事実にもとづかない、誤解を生じる表現はいただけません。

「省エネNo.1」「日本初」「エコなXX」...言えたらすっきりするのにと思ってしまうキラーワードはたくさんありますが、何を持ってNo.1とするのか、その根拠はあるのか、本当に日本初なのか(過去にないかよく調査を)、何をもってエコとるすのか(素材が再生素材だから? LCAでみると?)など言うからにはしっかりとした根拠が必要です。

サステナビリティに関する話題は特に、これで「XXが変わる!」「XXゼロ!」などと言い切りたくなるかもしれませんが、問題は複雑なだけに簡単に変えられることはそう多くありません。


タイトル付けで気持ちがたかぶっている時はティータイムを。ほっと一息落ち着いてから「正直な」タイトルをつけましょう。

 

以上、タイトルをつける際に最低限押さえたいポイントをご紹介いたしました。ちょっとした工夫で、SNSやプレスリリースの投稿のリーチは結構かわるものです。かく言う私も毎日悩みながらタイトルをつけています。でもこの「悩みながら」というところが大切で、これが少しずつ、よりよい社会をつくる力になるのだと思います。

よりよい社会。ん、あいまいかなあ 笑。
 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/09/01

レスorゼロ包装に慣れてもらうには...

包装材ゼロに慣れてもらうには...

先日、NPO法人わかもの国際支援協会(通称:Wisa(ウィーサ))で「エシカルってなあぁに?」と題して講演をさせていただきました(環境市民コーディネーター、消費生活アドバイザーとして)。

Wisaは日本・ラオス・バングラデシュ・ポーランドの4か国で、起業家精神(アントレプレナーシップ)教育を提供する国際的な若者支援を行っています。今回は普段の何気ない買い物ー消費行動から途上国とのつながりを理解するため、エシカル消費についての基本を学ぼうということで企画してくださいました。


「エシカルな商品は価格が高いことも多い。多くの人が手に取れるようにするには...」など考えさせられる問題提起もありました。

ある高校生からはメールでこんな質問をいただきました。

 野菜などの包装紙を減らすではなく無くすとたくさんの人が抵抗すると思うのですが、
 (包装紙がないから汚いやここのスーパーで買うのはやめよ。というように)少しでも早くその環境に日本人を慣らさせるためには
 どうすればいいと思いますか?
 包装紙を無くしてもお客さんにいつも通り来てもらうためにはどうすればいいと思いますか?


みなさんだったらどんなふうに答えますか? 包装を少しでも少なくしたい、いっそ無くしたい!そんな熱い思いが伝わってくる問いがいいですよね。嬉しくなる問いかけに私になりに答えてみました。


   ●     
●     ●     ●     ●     ●  
  

日本人は特に「包む」行為が好きなところがあるので、包装の削減は難しいように思えますよね。包装材の少ない欧米米のスーパーに見慣れて日本に帰ってくると、日本はなんて(プラ)包装が多いんだ!と思います。一足飛びに「なくす」のは難しいかもしれませんが、減らせるところは減らし、なくせるところをなくすことは段階的には可能だと思います。

ポイントは3点あるかなあと思います。

 

1 デザインの力

包装材をなくしていく上でデザインの力によって、消費者が違和感を感じずに包装を減らせる、なくせる例は結構あるのではないかと思います。たとえば、京都駅のお土産をみていると外側の包み紙が昔と比べて随分減ったように思います。先日京都駅で買ったお土産やこんなかんじ→(リンク)で箱がとてもかわいらしく、外包はありませんでした。ただ、中は個包装の場合もあるのでまだまだ課題はあります。

プラスチック素材を紙に変える例も増えてきましたね。これは無印の例(リンク)。靴下などのフックを紙製品に変えています。個人的にはこれもなくせるのではないか...と思ってしまいます。このあたりはポイントの3「慣れ」に関わってきますね。

どんなデザインだったら抵抗感、違和感なく包装材が減らせるか、みんなで考えてみるのも面白そうですね!

 

2 政策

二つ目は政策です。国、自治体、企業でそれぞれ、包装材を削減する政策を打ち出すことが大切だと思います。それによって、1のようなデザインも生まれるでしょうし、量り売りといった売り方も増え、多くの人が、プラ包装の少ない商品サービスを手にすることができるのではないでしょうか。

講演でご紹介したように、国際レベル、国でも政策が出されつつありますが、まだまだ不十分だと思います。今はまだ一部の意識の高いお店や企業が取り組んでいる状態なので、今後、もっと「当たり前」にしていくための政策を各所から出してほしいと思いますし、消費者のアクションはそれを後押しする力になると思っています。

IMG_1042.JPG

京都のある商店街に琺瑯のタッパーを持ってお惣菜を買いにいってみました。もともと量り売りなので、すんなり入れてくれました。特段仕組みがなくても「やってみることも大事」。消費者一人ひとりの行動が、売り手へのシグナルになります。


3 慣れ

三番目は「慣れ」です。今では当たり前のごみの分別も導入当時は「めんどくさい」だの「分かりにくい」だのネガティブな意見がいろいろありました。ところが導入してしばらくすると、こんどは分別ごみ箱がないと「なぜごみ箱が一つなんだ!」というクレームがある、とホテルの方からうかがいました。今聞くと笑い話ですが案外、慣れてしまえばそっちの方がよくなる、というのはよくあることだと思います。

講演でもお話したように欧米では野菜を含め、ほんとうに包装材が少ないです。だからといって、何か問題が生じるかというと特段ありません。私もしばらくシドニーでご紹介したようなスーパーで買い物をしていましたが、ごみが出ないので快適そのものでした。

IMG_2820のコピー.JPG
シドニーにいた時のある日の買い物。量り売りだからこそライム1個、唐辛子1本なんていう買い方ができました。この日の晩御飯はフォー。美味しかったですよ♪

 

レジ袋の有料化もそうですね。有料化の際は「消費者からクレームが出るのではないか」と神経質になっているスーパーがたくさんありましたが今や有料が当たり前。今では逆に無料で袋に入れてくれるところがあると、えっ?と思ったりしませんか。

 

おそらく、他にも方策はたくさんアイデアがあると思います。高校生だからこそできることもたくさんありそうです。包装材が多い企業いろいろ意見メールをみんなで出してみて反応をSNSで公開する、とか、文化祭でノン&レスプラスチックをテーマにデザインコンテストするとかとかとか。

  

ぜひ何かアクションしたらまたシェアしてくださいね!

 

 

TOP写真はカナダの普通のスーパー。葉物もそのまま売られている。

 

 

2022/08/09

大阪・関西万博 「持続可能な調達ワーキンググループ」メンバーになりました

大阪・関西万博 「持続可能な調達ワーキンググループ」メンバーになりました

2025年、大阪の夢洲(ゆめしま)で開催される大阪・関西万博。
開催にあたって調達されるさまざまな物品の持続可能性を高める上で重要になるのが調達コードです。

この7月から、日本消費生活アドバイザー・コンサル タント・相談員協会(NACS) 食生活委員会 委員として、この調達コードを検討する、「持続可能な調達ワーキンググループ」メンバーになりました。調達コードの中でも、パーム油、水産物、農産物に関する議論に参画していきます(2023年1月頃まで)。


万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。このような貴重な機会をくださったNACSの皆様に深く感謝しつつ、これを機に、日本の、世界のものづくり、サービスが少しでも持続可能性の高いものになり、現世代だけではなく、将来世代も含め、多くの「いのち」が「輝ける」よう最大限尽力していきたいと思います。

 

  • ワーキンググループの議事録などはこちら
  • 日本消費生活アドバイザー・コンサル タント・相談員協会 についてはこちら

 

2022/07/23

お祭りに見る 元祖リユース

お祭りに見る 元祖リユース

夏祭りの季節になりました。皆さんの地域でもさまざまな夏祭りが行われているのではないでしょうか。 京都の夏のお祭りといえば祇園祭。千年以上の歴史を誇る日本三大祭の一つで、疫病退散を祈願するお祭りでもあります。

今年は特に三年ぶりの巡行とあってまちの人の熱気も例年に増して熱く感じられました。祇園祭は歴史があるだけに何度みても、毎回新たな発見や感動があり、興味は尽きません。今回関心を持ったのは「縄がらみ」と呼ばれる、釘を使わず、部材を縄で固定して組み立てる工法。理由としては、釘で留めてしまうと、車輪などの動きに幅がなくなり、動かしにくく、木材が割れてしまったりするため、と言われています。縄の結び方マニュアル、なんていうものはなく、伝承で受け継がれてきた、というのも驚きです。結び目も、それぞれの山や鉾で「海老結び」「鶴・亀結び」などのこだわりがあるそうです。見た目の意匠性にも見入ってしまいますね。

PXL_20220717_033633893.jpg

飾り付けがされると中は見えにくいのですが、縄でしっかりと固定されています。大きなものは10トンを超えるとか。そう考えると縄の固定だけというのは驚きです。

 

お祭りが終わると結び目を解いて、木材を分解。木材は保管され、また次の年に使われます。そう考えると元祖リユースともいえそうです。特に、祇園祭の場合、釘を使わず、縄で固定しているだけなので、コンパクトに片付けることができ、長く使えるのではないないか、と推察しました。

祇園祭に限らず、地域の伝統的なお祭りには何かしらモノを大切に使ったり、自然とのつながりを大切にするような、つまり、サステナビリティを大切にするヒントが多くあるように思います。温故知新。お祭りを楽しみつつ、古の人々の知恵に学ぶ機会にしていきたいものですね。

2022/07/02

スタッフの再エネシフトを支援する意義3

スタッフの再エネシフトを支援する意義3

猛暑が続いていますが皆さん元気にお過ごしでしょうか。 電力ひっ迫に関するニュースが連日報道されていましたが、だからといって火力発電や原発に回帰するのではなく、今こそ改めて再生可能エネルギーにシフトすることは言うまでもありません。 

そこで今回は、企業が再生可能エネルギーへのシフトを後押しするおすすめの取り組みをご紹介します。 それは、「社員等に再生可能エネルギーへのシフトをすすめること」です。

私は、IDEAS FOR GOODというウェブメディアのライターもしているのですが、このメディアを運営するハーチ株式会社が6月から業務委託パートナーに対し、再エネ100%の電力を使用・導入している場合、電力の一部を補助する取り組みをはじめました。 企業単位で再エネ電力を選択している会社は増えつつありますが、さらに一歩進んで社員や事業委託スタッフの再エネを支援することにはどんな意義があるでしょうか。

まずは環境負荷の低減。一般家庭のCO2排出量の約半分は電気由来。ですので、再エネ由来の電気にシフトするだけで単純にCO2をおよそ半減することができます。つまり、スタッフが再エネ電気にシフトすればするほど...CO2は大幅に削減できます。

次に、教育効果。再生可能エネルギー100%の電力を提供する会社は多数あります。再生可能エネルギーにはどんな種類があるのか、どこでどう発電しているのか、それぞれの会社が思い描く社会ビジョンやメッセージをみながら選別していくだけでも、エネルギーについて考える重要な機会になるでしょう。そのプロセスで得た視点や知識は仕事をすすめる上でも役立つはずです。

最後は、企業価値の向上。今や企業の環境や社会に配慮した取り組みは当たり前ですが、その項目の一つとして自ら再生可能エネルギーにシフトをするだけではなく、社員や業務委託スタッフにまで広げて再エネを推進していることはより付加価値のある取り組みとして社会に評価されることでしょう。

スタッフの再エネシフトは、当事者の家族や友人、その人たちが働く組織のエネルギー選択にも影響を与えるかもしれません。そう考えると、波及効果も期待できますね。

スタッフの再エネシフト支援は、大がかりな設備も、大規模な資金もいりません。2050ネットゼロに向けた次の一手としてぜひ、みなさんの組織でも導入してみてはどうでしょうか。



<参考>
パートナーの皆さま向け「再エネ100%電力補助」をスタートします

電力会社の選び方のコツはこちら(リンク

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...