お知らせ

2020/06/24

キャンドルナイトもエシカルに

キャンドルナイトもエシカルに

雨が降ったり止んだり、梅雨シーズン、いかがお過ごしですか。さて、先日、6月21日、夏至の日は「キャンドルナイト」でしたね。

私も久しぶりにキャンドルナイト、しかもやるならエシカルなものを...と思い、ミツロウキャンドルを選んでみました。ミツロウはハチが巣をつくるためにハチミツを元につくり出した天然成分。通常のキャンドルは石油由来の化学物質が使われていることが多く、燃やすことによって吸ってしまう心配がありますがミツロウにはそうした心配はありません。

今回はakarizmさんの「くるくるキャンドルづくりおためしセット」(リンクなるものを購入し、3歳の娘と一緒にキャンドルをつくるところからやってみました。つくり方は簡単。シートになったものに芯を入れてくるくるとしっかり巻くだけ。あとは創作で飾り付け。手の熱で柔らかくなり、またすぐ固まるので小さな子どもでも楽しめました。

 

そして夜の8時。ご飯も早々に切り上げて点火。キャンドルの灯りに家族一同、ぼーっ。火の影響力って不思議ですね。昔の人は夜がくるとこの状態だったんだよねー、だったら早く寝たくなるねーなんて言っているうちに娘は寝落ちしていました(笑)。ゆらゆらとゆれる灯りをみているうちに私もなんだか眠たくなり...1日の終わりは人工的な灯りではなく、キャンドルの灯りを眺めながら寝落ちできたら幸せでしょうね!

IMG-8697.jpg 

ちなみに、キャンドルナイトは実は原発反対運動がきかっけになっています。

2001年、米ブッシュ大統領がなんと1ヶ月に1基、原子力発電所を建設するという政策を立案。反対するカナダの人たちが自主停電運動を行いました。これをナマケモノ倶楽部の辻信一さんが日本でも実践されたのですが、暗さに子どもたちが怖がったため、キャンドルを灯したところ、その心地よさが評判になったそうです経緯についてはこちら

その後、辻さんとつながりのあった大地を守る会が2003年に100万人のキャンドルナイトを呼びかけたことから日本全体に広まりました。電気を消して、環境や平和のことを考えるもよし、日頃の喧騒を忘れてぽーっとするもよし、とスタイルの幅が広がったこともあり、多くの人の共感・参加を集めたように思います。

日の長い夏はまだまだ続くので、電気を消してキャンドルディナーも素敵かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

2020/06/15

noteで#meetethical2020 エシカルプロダクツ紹介スタート!

noteで#meetethical2020 エシカルプロダクツ紹介スタート!

去る5月、消費者月間に合わせて、身の回りにあるエシカル商品を3日間紹介する「エシカル商品チャレンジ」をよびかけたところ、6月10日時点で120以上の商品をご紹介いただきました! 

愛情のこもった投稿、学びの多い投稿も多く、流してしまうにはもったいないと思い、noteで少しずつ紹介させていただくことにいたしました。<リンクはこちら

なるほど、こんな視点もあったんだ! 初めて知った! という商品もあれば、中にはもしかすると「これはエシカルかなあ」と思うものもあるかもしれません。

しかし、いろんな視点で「エシカルとは何か」を考えて「自分ごと」にすること、また多様な意見がでることがさらによりよいプロダクツづくりにつながるのではないか、と考えています。

6月は環境月間。引き続き、みなさんと一緒にエシカル消費を盛り上げていければ!と思います。

 

2020/06/10

エシカル商品紹介チャレンジ ご参加ありがとうございました!

エシカル商品紹介チャレンジ ご参加ありがとうございました!

5月の消費者月間に合わせて、身の回りにあるエシカル商品を3日間紹介する「エシカル商品チャレンジ」をお願いしたところ、6月10日時点で120以上(#の関係でうまくカウントできていないものもあるかもしれません)の商品をご紹介いただきました! ご参加、ありがとうございました。

 

言い出しっぺなので、私自身は31日間、毎日商品を紹介してみました。

外出自粛期間中なので新たに買うことは少なく、紹介商品は家にすでにあるもの、いつも買い物に行くスーパーで変えるもの、に限られましたが、意外とエシカルなものはあるのかもしれない、と気づかされました。

 

一つは見方によってはエシカルかもしれない、というケース。例えば鉄のフライパン。鉄のフライパン自体は鉱物でつくられたものですし、制作した工場が環境配慮をしているといったわけでもないのですが、昨今、広がっているテフロンのフライパンと比較すれば長く使えて、しかも化学物質(テフロンはフッ素を塗布してある)を摂取する心配もありません。同様に、銅製の台所屑入れや職人さんがつくられたおろし器といったものをあげておられる、私も多いに共感しました。

 

二つ目は、エシカルと思って買っていなかったのですが、なんらかの取り組みが進んでいたケース。私が紹介したリプトンのアップルティーは単に味で選んでいたのですが、よくみるとレインフォレスト・アライアンスの認証がついていました。おそらく、エシカルなものは滅多に買わない、という方も知らず知らずのうちに買っていることがあるのではないかと思います。

 

後半はさすがに、エシカルなものがないか、家の中をしょっちゅう眺めるハメになりましたが(笑)。家の中を眺めているど、何度みてもエシカルな商品がないエリアもありました。靴、家具、食器あたりです。今後、このあたりのものを買う機会があれば工夫をしてみたいと思います。

 

今回、投稿された商品紹介はそれぞれに個性や想いがあふれていることも印象的でした。

「売る側」からの投稿とは一味違った、エシカルな側面への熱い共感、それぞれの暮らしに商品がなじんでいる様子に心が温まりました。

 

エシカル商品チャレンジをやってみた理由は、おうち時間を利用して、少しでも多くの人に「あ、これもエシカル商品なんだ」と気づいてもらい、消費者である私たちの側から少しでもエシカルの輪を広げていければ、と思ったからでした。

 

どんなに企業がエシカルな商品をつくったとしても、私たち消費者が買わなければ前へ進みません。その意味では120以上のエシカル商品を、SNSを通じて少しでも多くのみなさんに知っていただける機会になっていれば幸いです。

 

消費者月間は終わりましたが、ぜひこれからもエシカル商品との出会い、#meetethicalを続けていただければ、と思います。私もまた、これは!と思うエシカル商品に出会ったらご紹介します。

 

改めまして、ご協力ありがとうございました! またぜひやってみたご感想などもお聞かせください。

 

最後に、全てではありませんが、私の紹介した商品を含め#meetethicalをつけて投稿されていた商品を動画でご紹介します。

 

 

 

 

2020/05/01

エシカル商品紹介チャレンジ、やってみませんか 〜Meet ethical products challenge〜

エシカルな商品紹介チャレンジ、やってみませんか 〜Meet ethical products challenge〜

 

お家時間、いかがお過ごしですか。

さて、最近流行っているブックカバーチャレンジ、おにぎりバトン、腕立てふれバトン?に続いて、「エシカル商品紹介チャレンジ」を呼びかけてみたいと思います!(バトン疲れしている方、ごめんなさい)

方法はこちら!

1)おすすめのエシカル商品(サービスでもOK)の写真を11商品、3日間、SNSに投稿
2)投稿する際はタグ、 #meetethical をつける
3)できれば、投稿の都度、1人のFB友達にこのチャレンジへの参加をタグ付でお願いする(事前に一言伝えるとベター)
 

(補足)
・投稿は連続していなくてOK
・できれば、商品のおすすめポイント(どこがどうエシカルなのか)、お気に入りポイント、どこで購入したかなどを簡単に説明。
 なくてもOK。
・招待された方はスルーしてもOK
・招待はなくてもOK

(期間)51日から531日まで
あまり厳密に決める必要もないのですが、だらだらやっても何なので一応5月一杯にしてみます。
実は5月は消費者月間。ただ、今年のテーマは「豊かな未来へ ~『もったいない』から始めよう!~」。エシカル、ではないんですが現在のところエシカル月間がないので、お家時間を活用してエシカルへの関心が高まったらいいな〜と思っています♪

6月にはどんな投稿があったのか、みなさんとシェアしたいですね!


<エシカル消費とは>
エシカルとは英語でethical、日本語で「倫理的な」という意味を指し、具体的には
環境や社会(人権・労働問題等)、動物の福祉や地域、伝統などを大切にした消費のあり方を「エシカル消費」とよんでいます。

 

 (背景)
エシカル消費の普及のために必要な課題として上位にあがってくるのが「どんな商品があるかわからない」という声。
NPO法人環境市民で在職していたときにかかわらせていただいた調査※1でも、エシカル消費について知りたいことの1位は「どんなエシカル商品があるのか」、2位が「どこでエシカル商品が販売されているのか」でした調査概要はこちら。最近では、ソーシャルプロダクツというキーワードで行われた調査※2では、ソーシャルプロダクツを購入ない理由は「どれが該当商品なのか分からない」43.2%と最も多く、「価格が高い」21.9%という理由をあげた人を2倍以上、上回っていました詳しくはこちら


長い説明はともかく...これを機会にエシカル商品・サービスに関心を持つ人が増えることに期待を込めて。

Meet ethical products! and enjoy home!

 

※1 2016年京都府府民生活部消費生活安全センター調査
※2 2019年 一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 調査

 

 

2020/04/20

ファッションのあり方について考えるきっかけに ファッションレボリューションウィークスタート!

ファッションのあり方について考えるきっかけに ファッションレボリューションウィークスタート!

今年もファッションレボリューションウィーク(4月20日から4月26日)がやってきました。

これは、2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊にある「ラナ・プラザ」ビルが崩壊し、1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった事故を機に、「服のあり方」について考え、ファッションをよりサステナブルなものに変えていこうというキャンペーンです。

この事故を機に、多くの人が私たちの服がつくられている背景にある問題--低い労働賃金、過酷な労働環境、組合の結成など労働者の権利が認められない環境があること--に気づかされました。服は人権・労働問題だけではなく、環境にも大きな負荷をかけています(詳しくはこちら)。また、毛皮の使用などアニマルウェルフェアの観点から問題のあるものもあります。

ファッションは個性を表現できたり、気持ちを明るくしてくれたり、やる気にさせてくれたり、私たちを楽しませてくれるものですが、それが誰かの命を奪ったり、暮らしの質を下げたりするようなものであってほしいとは誰も思わないはず。

ぜひこのファッションレボリューションを機に、服のことをもっと知ったり、考えたりする機会にしましょう!


キャンペーンサイトはこちら

 

キャンペーンへの参加方法 
毎年、#whomademyclothes (誰が私の服をつくっているの?)というハッシュタグをつけたSNSの投稿を呼びかけがされていますが、今年は新型コロナ感染拡大の影響も踏まえ、日本では独自に #thanksformakingmyclothes (私の服をつくってくれてありがとう)というハッシュタグもつけようと呼びかけています。

投稿方法はこちら。エシカルな服の選択が増えることを願って、SNS投稿、してみませんか。

(投稿方法)
自分の1番好きなブランドの洋服やアイテムを身につけた写真に

#thanksformakingmyclothes
#素敵な洋服をありがとう
#whomademyclothes

の3つハッシュタグと

その洋服のブランドの@アカウント
@fashionrevolutionjapan

の2つのアカウントのタグ付けをして投稿してください。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...