お知らせ

2020/09/28

気候変動で変わる食文化

TSU_mayomayookonomi_TP_V.jpg

食欲の秋。お芋に栗に果物に。日々、秋の味覚に襲われています(笑)。仕事柄座っていることが多いので非常に危険な状態です。

さて、私たちの暮らしに豊かさや楽しみをもたらしてくれる食ですが、気候変動をはじめとする環境悪化によってじわじわと影響を受け始めています。

今回その一つ、「青のり」を取材しました。
みなさん、青のりと一言で言ってもいろんな種類があるんですよ(というのは今回の取材で初めて知ったのですが)。

1971年から青のりを販売されてきた三島食品さんによると、青のりに適したのりは「すじ青のり」。色、香り共に優れており、青のりといえば「すじ青のり」だったそうです。しかし、近年、海水が高温であること、護岸工事により水中の栄養分が減っていることなどを理由に激減。ついには今年7月、原材料が確保できないことを理由にパッケージの色や商品名の変更を行いました。

M04_youshoku_p03.png M04_youshoku_p04.png

(左が変更前、右が変更後。三島食品ウェブサイトより)

今回、その背景についてideas for goodさんにて取材したのですが記事はこちら、企業としてのまっすぐな姿勢に深く共感をしつつ、環境の変化によってだんだんと食文化が失われていくことに寂しさを感じました。

取材に応じてくださった佐伯さんは
「気候変動による海水温の上昇、生態系の変化をみていると自然はもう元には戻せないのではないかと感じています。それによって食文化も変わりはじめています。現実を知り、ファッション的に取り上げるのではなく、ささいなことでも地道に取り組むことが大きな変化を起こすのではないかと思っています」と語っておられました。

青のりに限らず、私たち人間による環境破壊によって失われつつある食材はたくさんあります。
今年はサンマの値段が高いことが話題になっていますが、近い将来、サンマ=庶民の秋の味覚という方程式はなくなってしまうのかもしれません。それは単に何かが食べられなくなることを意味するだけではなく、食にまつわる風習や歴史、知恵、健康や雇用、地域らしさ、そんなもろもろを失っていくことをも意味します。

美味しいものが食べられる未来を選ぶのか、それともこれまでの伝統や風習といったつながりもなく、人工的につくられた食べ物に囲まれた未来を選ぶのか。私たちはそんな岐路に立っているのではないかと思うのは考えすぎでしょうか。


お好み焼きにぱらりとふった青のりから立ちのぼる香りとソースのマリアージュを楽しみながら飲むビールは最高です。美味しいものが食べられる未来を将来に残したいなあ。そんな思いを深くする秋です。

 

 

 

2020/09/22

みんなのエシカルプロダクツ

みんなのエシカルプロダクツ noteにまとめました!

5月に行った「3日間SNSエシカル商品紹介チャレンジ」で投稿された商品のご紹介を「みんなのエシカルプロダクツ」と題してnoteでお届けしました。

あらためて振り返ってみるさまざまな視点で「エシカル商品」として紹介されていました。

脱プラ、リサイクル、障がい者雇用、アニマルウェルフェア、長期使用性、伝統工芸、天然素材などなど...これは一重に「エシカル」が持つ幅の広さが生み出した強みであり、面白さではないかな、と思いました。

新型コロナの影響で、暮らしや社会を見つめ直す人が増え、エシカルへの関心もじわりと高まっているように思います。
苦難の時ではありますが、振り返れば、あの時に大きくエシカルの取り組みが前進したよね、と思えるような取り組みをしていきたいものです。

あらためまして、「3日間SNSエシカル商品紹介チャレンジ」にご協力くださったみなさん、ありがとうございました!

noteでの振り返りがみなさんの暮らしや仕事の中でエシカルを実践するヒントになれば幸いです。

みんなのエシカルプロダクツ 目次

#meetethical2020 エシカルプロダクツ紹介はじめます!

エシカル消費とは

熱帯雨林の破壊につながらないポテチ

リモートワークで電気使用量もUP。がつん!とCO2を減らしたいなら

離れていても支えられる フェアトレード

プラスチックに少しずつサヨナラを

エシカルな石けん・洗剤選び

アップサイクルでなが〜く愛して

広がるヴィーガン、ベジタリアン商品

元祖エコ! 伝統工芸品

またいつか! みんなのエシカルプロダクツ

 

 

2020/09/08

週末はスーパー調査 サステナビリティ表示 伝わってる?

週末はスーパー調査! サステナビリティに関する表示に興味津々

週末、スーパーに買い物に行くとついつい、サステナビリティに関する表示に見入っては長居してしまい、いつも家族に嫌がられてしまいます 笑。先日もイトーヨーカドーに行ったところ、サステナビリティ関連の表示がいろいろあり、ついついにわか調査をはじめてしまいました。

まずはこちら。「すごいデニム」。この「すごい」は履き心地であって、環境負荷を低減したことを指しているのではないようですが、それにしても内容がなかなかマニアック。製造工程時の水の使用量を削減しました、と書かれています。

 

 

こちらはペットボトルをリサイクルしてつくられたインナーのご案内。商品パッケージだけではなく、マネキンさんやペットボトルなどモノも並べるなど随分力が入っています。

IMG-8915.jpg   IMG-8917.jpg

オーガニックコットンのインナーやTシャツ、タオル類なども随分増えましたね。ざっと商品ラベルを見ただけですが、自社基準ではなく、ちゃんとオーガニックコットンであることを証明するGOTS認証を取得している商品が多い点も驚きました。

時代は変わってきたなあ、と感じつつ、こうした展示や表示が消費者に、どれくらい、どう伝わっているのか、すごく気になります。お店の方も何を伝えるか、どうすれば伝わるか、きっと試行錯誤されているはず。

いつか両方に調査をしてみたいなあと妄想を膨らませつつ、週末調査はまだまだ続きそうです(笑)。

 

 

 

 

2020/08/28

マダガスカルからアグロフォレストリバニラが届きました!

unnamed.jpg

 

何とも甘いいい香り。思わず何度もくんくんしてしまいます。

アグロフォレストリとは、農業を意味するアグリカルチャー(Agriculture)と林業を意味するフォレストリー(Forestry)を組み合わせた造語で、熱帯地方で森を守りながら作物も育て、現地の人が収入も得られる農法として注目されています。コーヒーやバナナ、胡椒やシナモン、そしてバニラ などさまざまな作物を在来の植物と混栽するので「ここが畑です」と言われても一見するだけではわからないほど生態系豊かな環境を保つことができます。

熱帯雨林は特に破壊のスピードが速く、たとえば地球上の酸素の2割を供給するアマゾンの森林は1分でサッカーコート1.5個分が消失していると言われるほど。森林を守りながら現地の方の暮らしも守ることができるアグロフォレスリ栽培は森林破壊を止めるための重要な解決策として注目されています。

このバニラを送ってくださったのは、以前、ideas for goodで取材させていただいたCo・En Corporationさん。マダガスカルのアグロフォレストリバニラを継続的に調達していくためにクラウドファンディングに挑戦されていたところ、少しだけ応援させていただいた返礼品としていただきました。

実は日本で流通するバニラの9割はマダガスカル産。そのほとんどは森の生態系を大切にするアグロフォレストリ栽培ではなく、また農家に対する買いたたきも深刻だといいます。こうした問題を解決しようと立ち上がったのがCo・En Corporationの武末克久さん。

マダガスカルから日本に届くまでの道中も随時発信されていたので、ポストで包みを発見したときは思わず声をあげてしまいました。

遠く離れた国であってもこうして心温まる関係を築けるのはなんともうれしいものですね!

森や生き物、人も大切にして育てられたバニラ。どうやっていただくか、悩ましいです。

 

Co・En Corporationのウェブサイトはこちら

ideas for goodの記事:マダガスカルとアマゾンの森のなかで共生する農業「アグロフォレストリー」がグッドな二つの理由

 

2020/08/07

夏休み自由研究! セルローススポンジを埋めてみた

夏休み自由研究! セルローススポンジを埋めてみた

ない! あったはずのスポンジがない、ない、ない!

夏休みといえば自由研究。最近、台所スポンジをセルロースのものに変えてみたのですが、パッケージに「廃棄すれば簡単に分解(腐敗)し土に還ります」と書かれているのでほんとかどうか、やってみることに。

 

プランターに埋めたのは7月21日。こんなかんじ(写真右)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約1週間後の7月26日にもう一度掘り返してみると、まだ形がありました。スコップでつつくと少し柔らかいかな?という感じ。

115807046_2616349941916440_6998373195869323514_n.jpg

そして約3週間後の8月2日。掘り返してみると...ないっ!ないないない!やっと探してでてきたのがこちら。

unnamed.jpg

小さなかけらがみつかりましたがこれ以上はいくら掘り返しても何も見つかりませんでした。確かにパッケージにはと書かれているのですが正直半信半疑でした。ここまでなくなるとはびっくり。念のため、販売会社の株式会社スピカコーポレーションに電話をしてみると「そうですねー、はい、分解されてなくなります」とあっさり。

セルロースの原料は植物性パルプ。パルプ中のセルロースを化学処理したビスコースに気泡を加え、セルロースに戻したものがセルローススポンジ、だそうです※1。

ただ、植物性原料=土に還る、わけではありません。中には小さな粒子の状態になるだけで、生分解(biodegradable/バクテリアや細菌、微生物の働きによって、完全に分解されること)されないものもあります。この場合、粉々になるだけなので除去もできず、かえってややこしくなります。また、中には生分解に一定の時間を要したり、有害物質を残す場合もあります。植物性だからといって安易に使ったり、ましてや「植物だから分解されるんだろう」とポイ捨てしたりすることがないよう注意が必要です。


今回のように、跡形もなくなく、微生物によって分解され、有毒な残留物も出ないものは堆肥化可能(compostable)プラスチックと呼ばれます※2。ここでも注意点が一つ。堆肥化可能と書かれているからといって、今回のようにプランターに放ってすぐに土に還るというわけではありません。今回は夏で気温も高く、雨による湿気もほどほどにあったため、早かったように思いますが、気温が低い季節など条件によっては時間がかかります。

国際規格の多くは、樹脂の6割が180日で分解されるということを一つの基準にしているそうですが、これは温度を50度以上に保っている堆肥化施設を前提にした話。家庭の庭やプランター、畑とは事情が違います。また、最終処分場に行ってしまった場合は酸素不足により分解されない......という落ちも。

546743_s.jpg


バイオプラスチック、生分解性プラスチック、堆肥化可能プラスチックといった表示はよくよく説明書きを読んで、注意深く商品選び、廃棄処分をした方がよさそうです。

 

いずれにしても、やっぱり実際にやってみる、というのは大切ですね! セルロースは本当に土に還るんだ、ということがわかってすっきりしました。子どもと一緒に、いろんなものを埋めて「土に還るかどうか?」「何日ぐらいで土に還るか?」やってみるといい自由研究になりそう。今度は何を埋めてみようかなあ。

 

※1 富士ケミカル株式会社

※2 ASTEMインターナショナル、ISOの定義による

参考文献『プラスチックフリー生活』(NHK出版)シャンタル・プラモンドン・ジェイ・シンハ 服部雄一郎訳

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...